トップ / 女医に起こる課題とは

女医に起こる課題とは

女医に関する問題

10年後

女医の活躍できる環境不足

少子高齢化、生産年齢が減る中高齢化に伴う医療の需要は増えているのが現状です。生産年齢が減少する中、機械化できない専門職の需要は必至で、医療の世界でも女医の活躍は期待されています。しかし、現状は医師免許を取得しても一人前になり活躍するころに結婚適齢期、出産適齢期を迎え、育児や家庭との両立に対する福利厚生や社会的環境の不足は、その活躍を妨げています。一般職と異なり、当直や長時間労働など、一般の保育施設では不足するサポートをどのように確保するか、女医が活躍するうえでの課題となっています。

女医が不足する理由とは

女医の不足はどの科でも起きています。何故かというと、1つ目はやはり出産による退職です。もちろん復帰する事も可能ですが、一旦離れるとかつての業務が辛く感じるようになり辞めるケースがあるようです。2つ目は産婦人科など女性がメインの科に集中する事です。もちろんそれは間違ってはいませんが、他の科にも女性の患者がいる以上女医は必要です。産婦人科で手が余っていたら、他の科に応援に行く事で不足は解消できるでしょうが難しい問題です。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の仕事はやりがい有り. All rights reserved.