トップ / 医師が着る白衣の重要性

医師が着る白衣の重要性

医師は見た目も肝心

10年後

医師としての服装とは

人は見た目ではないといわれますが、一方で第一印象の与える影響力やその印象の継続が話題となっています。自分をよりよく見せすぎてがっかりされてしなっては、本末転倒ですが、そうでなくとも過小評価されないために、服装は重要な役割を担います。医師には白衣という服装でかなりの説得力があります。尊厳、それ以上の付加価値が生まれることは事実なのです。同じ説明をしても、身だしなみひとつで説得力が変わる、信頼関係が生まれることは医療現場において効果的な医師に関する技術の一つといえます。

医師は服装にも気を遣う

医師の服装について考えた事はありますか。実はその時の気分で選んでいるのではなく、計算されているといえます。もし診察の際、スーツ姿だったとしたら固い雰囲気になって緊張してしまうでしょう。そうなると早く抜け出したいと考えるようになり、話したい事が話せなくなる可能性があります。かといってラフな服装だと、緊張感に欠けてしまいちゃんとした医師なのだろうかと疑問に思いがちです。そのためどちらにも該当しないかつイメージを崩さないようになっています。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の仕事はやりがい有り. All rights reserved.