トップ / 過疎地域の医師の問題

過疎地域の医師の問題

医師の慢性的な不足

10年後

医師が診療所に派遣される

病院から医師を診療所などに定期的、または不定期に派遣させることがあります。常駐している場合もありますが、月に数回診療所を訪れて診察することもあります。人手不足で確保が難しい状況では、派遣による開業もやむを得ない状態です。慢性的な不足状況が続いています。地方、過疎地域などは医師の人材不足が深刻です。地方では人口不足や病院数が不足しています。病院が広範囲のエリアを担当することは普通のことです。地域の診療の要となっています。

派遣で働く医師の特徴とは

派遣の雇用形態で働く医師の数は、都市部を中心に増え続けており、仕事と家庭生活を上手く両立させるうえで、魅力的な働き方として高く評価されています。例えば、クリニックや検診センターなどでは、スタッフの勤務時間が安定していることがあり、定時に仕事を終えたい人にとって、人気の就業先としてみなされています。もしも、医師の派遣の仕事内容の特徴を理解したい場合には、業界に詳しいキャリアカウンセラーなどにアドバイスを受けることも有効です。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の仕事はやりがい有り. All rights reserved.