トップ / いくつかの医師の種類

いくつかの医師の種類

医師には種類がある

10年後

多種多様な医師の種類

医師の種類には研究医や臨床医などがありますが、研究医や臨床医はどちらも、重要な役割があります。研究医は、毎日実験を行いデータを収集して、そのデータを基に論文を作成します。画期的な発見があると、学会で発表したり、学術誌に投稿します。医師の種類は臨床医の中でも勤務医と開業医に分かれます。勤務医は、大病院の場合週一回くらい当直の勤務もあります。また地域の当番医として、休日や夜間にも診療をすることもあります。

医師の仕事の種類について

医師の仕事の種類については、実に様々なものがありますが、地域医療の現場においては、高齢者や妊婦などに対応する機会が多いため、しっかりと専門性を高めることが望まれます。また、大学病院や総合病院などの高度な医療技術が取り入れられている勤務先では、経験豊かな医師が在籍しており、本格的にスキルアップを果たすうえで、絶好の環境となっています。このような職業の種類については、ここ数年のうちに増えてきており、日頃から適性や能力に見合った就業先を選ぶことが大事です。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の仕事はやりがい有り. All rights reserved.