トップ / 医師免許を取るためには

医師免許を取るためには

医師になるためには

10年後

医師免許取得への道のり

医師免許の取得は受験条件である医学部入学が始めの難関になります。医学部の入試偏差値は平均74程度で、入試を受ける人も莫大にいますが、その大半がここで落とされてしまいます。入学してからも、全科目必修合格でなければ進級はできず、勤勉であることと医学に対する真摯さを問われ続けます。学科試験を合格しない限り臨床試験が受けられないなどもあります。それらすべてを乗り越え医学部卒業を勝ち取った人には、医師免許取得の受験資格を得られます。試験は三日間かけて、医学部で学んだことすべてを審査された上で合否が決められます。

医師免許の確認と管理について

医療機関が医師を雇用する時は必ず免許の確認を行います。不正に作成したものを見せる人間もいるので注意が必要です。多くの場合、病院の事務局等が免許を保管しています。保管の担当者は個人情報が外部に漏れないようにする事が大事です。また、それがなくなると業務がスムーズに行えなくなるので金庫等で厳重に保管した方が良いです。医師は確認と管理の双方がうまく出来てはじめて患者に良質な医療サービスを提供する事が出来ます。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の仕事はやりがい有り. All rights reserved.