トップ / 医局と年金に関しての説明

医局と年金に関しての説明

医局での勤務の医師

10年後

医局の年金の制度について

医局での勤務を希望する医師の数は、年々増えてきており、医療従事者としてのキャリアを手に入れるために、安定した職場環境で働き続けることがコツとして挙げられます。また、医師の年金の加入方法に関しては、様々な場面で話題に上ることがありますが、それぞれの医局の担当者にきちんと説明を受けることが大事です。年金の受給額は、加入歴や年齢などによって大きく異なるため、定期的に正しい知識を身に着けることが望まれます。

医局勤務の年金支給について

医局勤務の場合、年金支給額は国公立に勤めている場合と、私立に勤めている場合では異なる支給額になります。国立病院、公立病院に勤めている医師は、公務員扱いとなります。病院の医師や企業に勤めている医師は国立病院や公立病院の医師と異なることになっています。医局の年金扱いは、いずれも同じ扱いになっています。加入年数が25年以上になると、受給資格を得ることができます。医師の勤務としては同じような扱いをされます。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の仕事はやりがい有り. All rights reserved.